スノーボードに関する情報が満載!

スノーボードの「ボード」の選び方

スノーボードを満喫するなら、自分に合ったボードを選ばなければなりません。
ボードは数多くの製品が発売されており、購入する場合もレンタルする場合も自分に合ったボードの選び方を知っておく必要があります。
選ぶときのポイントは、ボードの長さと形状です。
ボードの長さは自分の身長に合わせて決めます。
一般的に身長より15センチ程度短いものが扱いやすいですが、ボードが長ければ安定性が増し、短ければトリックを行う際に取り回しやすいという特徴があるためスノーボードの楽しみ方によって柔軟性を持たせて考えることが重要です。
ボードの形状は、大きく分けて「キャンバー」と「ロッカー」の二種類があります。
キャンバーはスノーボードを楽しむにあたって定番と言える形状で、雪面に置いたときボードの中心に隙間が出来るため、滑走だけでなくジャンプやターンなどあらゆる場面で使いやすくなっています。
逆に、ロッカーはボードの両端が反り上がっており、パウダースノーで威力を発揮します。
柔らかい新雪でロッカーボードを使えば、まるで浮いているかのような感覚でスノーボードを楽しむことが出来るのです。
スノーボードを最大限に満喫するには、ボード選びが重要なのです。

スノーボード初心者が楽しめる方法

スノーボードをこれから始める人ももう既に始めている人も含めて楽しむことができます。
当然初めてスノーボードを滑る人は不安がありますが、初心者でも楽しむためにまずはスキー場選びが重要なポイントです。
選び方のポイントは広いゲレンデがある場所かどうかとコースが比較的長くてなだらかかどうかという点です。
ゲレンデが広いと周りから離れた場所で練習することができますし、邪魔になることもあまりありません。
集中して練習できるので、上達が早くなります。
上達が早いと午前から始めて午後にはリフトにのってコースに挑戦できるほど上達することもできます。
リフトは最初は不安かもしれませんが、繰り返し行うことが上達のポイントです。
ターンができるようになればコースを滑るのことは非常に楽しく感覚もつかみやすくなります。
滑ることができるようになれば長距離コースに挑戦したりゲレンデに戻って逆ターンの練習もできます。
スノーボードを楽しむための方法としてスキー場選びは重要なポイントです。
雪質が良くて天気が良いとさらに滑りやすいので一緒に行った友人も楽しむことができます。
また、スノーボードは行く道中もみんなで会話して楽しみながら行くことができるのも良いところです。

recommend

宮古島 ダイビング 初心者
水素 吸入
大阪 マンションリフォーム

Last update:2017/11/17

Copyright 2015 駆け下りよう! All Rights Reserved.