スノーボードに関する情報が満載!

スノーボードの簡単な手入れの仕方

スノーボードの使用後の手入れの仕方について、簡単に説明します。
まず大切なのは、よく乾燥させることです。
スノーボードはエッジの部分が金属でできていますので、濡れたまま放置しておくと、すぐにサビてしまいます。
滑り終わった後は軽く水洗いして、板についた水分をよくふき取っておきましょう。
オフシーズンには袋に入れて、できるだけ湿気の少ない場所に保管するのが望ましいです。
ブーツも濡れたまま放置しておくとカビや臭いの原因になりますので、使用後は陰干しにするとよいでしょう。
そしてもう1つスノーボードの手入れに肝心なのはワックスがけです。
ワックスにもいろいろな種類の物がありますが、最も手軽に使えるのはスプレータイプのワックスです。
スプレーワックスをボードにまんべんなく吹きかけて、乾いた後にコルクで圧力をかけながらよく伸ばしたら、ワックスがけは完了です。
ただしスプレーワックスを使う場合は、換気の良い場所で作業を行うようにしましょう。

スノーボードの終わった後と長期収納前の手入れ

スノーボードにはボードとブーツ、ビンディング、ウェアゴーグルやグローブに至るまで全てのアイテムについて手入れが必要です。
シーズン中であれば次回使用時までとシーズンが終了した時の長期収納前に行う手入れ方法があります。
スノーボードはウィンタースポーツで雪上を滑るため、どうしても濡れてしまいます。
ボードのエッジは濡れたままにしておくとサビの原因になったり、傷みにつながることがあるため、しっかりとケアすることが必要です。
シーズン中であれば滑り終えた後はタオルで水や雪を拭き取ります。
その後は乾燥室やストーブがあれば暖かい部屋で次の日までしっかり乾かしておきます。
こうすることでサビを防ぐとこができます。
また、ビンディングを装着しているとネジの部分が濡れたままになることがあるため、念入りに拭きとっておくと良いです。
翌日の滑る前にはワックスがけをしておくと快適にスノーボードを楽しむことができます。
シーズン終了後の手入れについては、ビンディングをボードから外し、ネジの部分までしっかり乾燥させます。
こうすることで次のシーズンにまた心地良く滑ることができます。

Valuable information

宮古島のダイビングショップを探す

Last update:2017/7/14

Copyright 2015 駆け下りよう! All Rights Reserved.