スノーボードに関する情報が満載!

スノーボードのワックスのかけ方

スノーボードは、裏側のソール部分にワックスをかけることで本来の性能を発揮して快適に滑ることが出来るようになります。
まず、ソールの汚れを落とすためにリムーバーを使います。
ティッシュペーパーやキッチンタオルにリムーバーを含ませてソールを拭くことで汚れが落ちます。
拭いた後は新しいティッシュやキッチンタオルでカラ拭きするようにしましょう。
そして、ホットワックスを専用アイロンに塗りつけて溶かし、ソールに塗っていきます。
一度にソール全体を塗ることは出来ないので、何度かに分けてソール全体に丁寧に塗ることがポイントです。
塗り終えたら、専用アイロンでアイロンがけを行います。
一点に集中させるとアイロンの熱でスノーボードが傷んでしまうため、常に動かし続けます。
最後に、30分から1時間程度放置してスノーボードが冷めるのを待ってからスクレイパーでワックスを剥がせば完了です。
さらにブラッシングを行えばより滑らかなソールになります。

スノーボードにワックスをかけましょう

ウィンタースポーツにスノーボードをする方がたくさん増えてきました。
スノーボードの板は、1回1回滑り終わった後に板の雪を落とし、丁寧に水気を拭き取り、乾かす。
ここまでは誰でも簡単に出来る保管方法だと思います。
しかし、スノーボードの板は目ではあまり見えなくてもかなりたくさんの傷があり、だんだん滑りにくいと感じるようになるでしょう。
そこで、ワックスをかけます。
なくても問題なく滑り続けることは出来ます。
しかし、同じ板でもワックスをかけるのとかけないのとでは滑りやすさが大きく違うのでやり方を調べて挑戦してみましょう。
なかなかやる機会がなかったり、そこまで気にならないのであれば、シーズン終わりに板のメンテナンスに出すといいでしょう。
1万円前後で板を丁寧に削ってくれ、次のシーズンに向けてワックスをかけてくれます。
やはり、手間をかけるほどいい滑りに繋がり、板の長持ちもするので自分で出来ることはどんどん挑戦していきましょう。

最終更新日:2016/5/26

Copyright 2015 駆け下りよう! All Rights Reserved.